借金は借り換えしたほうがいいの?

借金をすると利息制限法の範疇で利息が取られる事になります。

昔は年率29.2%で延滞等は40%、今は上限20%というような縛りがあります。
借金の総額にもより年率が変わりまして100万円以上の借金に対しては15%が上限です。

10万円未満の借入れは20.0%・10万円以上~100万円未満の借入れは18.0%・100万円以上の借入れは15.0%と上限金利が定められているのです。

ですから、一つの業者へのキャッシング・ローンで50万借りていて、それを3社あるならば、合計150万円の借金があるのですが、一社一社への返済をしていると、18.0%の利息を取られる事になります。

これならば、一社に纏めてしまえば借金総額は変わりませんが、利息が15.0%になり返済が随分楽になるのは間違いありません。
ですから複数業者への借金が積み重なった場合は、乗り換えで一社にまとめてもらう方が断然有利になるのです。

複数業者への借金に苦しんでいるならば、銀行や消費者金融で乗り換えおまとめローン等を申込んで返済に集中しましょう。
一社にまとめる事で、返済日は一回になりますし、利息も安くなるので乗り換えをした方がメリットは大きいです。

乗り換え後の利息やサービス形態は各業者によって微妙に違うので、ネットサイト等でサービス比較をして、自分に合った場所に申し込むのが良いでしょう。