複数のカードローンを一社に借り換える場合の注意

最近は、「借り換えローン」を販売する消費者金融が非常に増えています。借り換えローンには、金利が低くなることで返済総額が減り、返済期間が短くなり、さらには毎月の返済額を減らすことで返済が楽になる、という大きなメリットがあります。

だからこそ、貸金業法では借り換えローンを年収の3分の1以内という総量規制の例外扱いとしています。しかしながら、安易な気持ちでカードローンを一本化すると、思わぬ落とし穴にはまることがあります。

まず、メリットである「返済期間と返済総額を抑える事が出来る」の正反対のこととなる、「返済期間と返済総額が増える」ことが起こり得ます。

例えば、返済を楽にしようと毎月の返済金額を少なくし過ぎると、返済回数が増えることになり、結果として金利を支払う期間も長くなり、返済総額が一本化する前よりも増える危険性があります。

それと、借り換えローンはあくまでも返済のためのローンなので、追加の融資はできません。従って、借り換えローンを完済するまでは新たなキャッシングはしないという強い意志が必要です。

借り換えローンを利用した後に、また違う業者に借入を申し込んだりすると、その時点で一本化した業者から、残債の一括返済を要求されることにもなります。

借り換えは入念な返済計画を立てた後で行なうのが肝心です。