借り換えの基準は金利にあり

複数社から借り入れしている場合、借り換えを考えてみることができます。多くの消費者金融の場合、借り入れ額が高いほど金利は低くなります。逆に借り入れ額が少ないと金利は高くなる傾向があります。

ですから、複数社から借り入れして返済していくと、一社づつの借り入れ額は少ないのでより多くの金利を払っていることになります。そこで、借金を借り換えて一社にまとめると金利額を抑えることができます。

借金の額によっては、複数社の合計の金利よりも一社に借り換えた方が10%近く金利を抑えることができます。人によってはたかだか10%と思う人もいるかもしれませんが、これはかなりの差になってきます。
例えば10万円借り入れていた場合、複数社の金利の合計が25%ほどのところを、一社に借り換えて15%に金利を抑えるとします。そうすると単純に1年間で1万円ほどの差が生まれるわけです。

ですから金利が安くなるかどうかは非常に消費者金融から借り入れする際の重要なポイントになります。

それで、可能なら今の自分の消費者金融に支払っている金利の額を確認してみて借り換えを考えてみることができます。
そうすると思っているよりも早く借金を完済することが可能になるかもしれません。