三菱東京UFJ銀行カードローン

低金利キャッシングにのりかえる!金利比較ランキング

借り換えには銀行ローンがおすすめ

いくつかの金融機関からお金を借り、またそれを返すために他からも借り続けているうちに多重債務に陥ってしまうことがあります。
また多重債務とまではいかなくても複数の金融機関から借りているとその返済日や返済金額がバラバラになるため把握しきれなくなりますしそれぞれへの手数料なども少なくありません。

こうした場合借入金をひとつにまとめることを検討します。ひとつにまとめることができ借入金の総額もはっきり把握できますし、完済までの計画もきちんと立てることができ借金返済がスムーズに行えます

まず借り換えにはできるだけ金利の低いところで借り換えるのが鉄則ですが、銀行の場合は他の消費者金融などに比べてかなり低く金利が設定されています。またフリーローンタイプではなくおまとめローンなどに特化したものを選ぶともっと低く借りることができる場合もあります。

銀行は年収の3分の1以上借り入れができないという総量規制にもかかりませんし、借入金の上限も高めに設定されていますので借り換えには適しています。ですがその分審査は厳しく、職業や勤続年数、年齢や住居などさまざまな条件をクリアしなければなりません。

またローンの数が数社にのぼっている場合には審査に通ることが難しい場合があります。自分の状況を見極めて申し込むことが必要です。

借り換えとは?

借り換えという言葉を皆さんは耳にされた事があるでしょうか?ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、借り換えとは別名おまとめローンとも呼ばれている返済方法です。

ではその借り換えとは具体的にどういった内容のものなのかというのを、具体的にご説明致します。

先程、多重債務になった際に便利だと申し上げましたが、その例を使いますと、まずAさんがある金融機関W社から借金をしました。
そしてしばらくしてまたお金が必要となり、借金をしようとしましたが、W社からはもうお金を借りられずに、別の金融機関X社から借金をしました。この時点でAさんはWとXの2社から借金をしたことになります。

さらにAさんはまたしても先程と同様の理由で、WとXに返済をしないままY社からお金を借りてしまいました。
さてこの場合3社からお金を借りてしまった事になりますが、この様に別々の会社から借金をすると、返済期限・返済方法・金利が異なるので、非常にやっかいです。

そこで登場するのが借り換えです。これは返済をある一社にまとめて返済できるのです。つまり新たにZ社から先程の3社分の借金をしてW・X・Y社に返済をします。
この様に1社にまとめると返済がしやすくなるので、利用される方も多いのです。
借り換えする前には、必ず借り換えによってどのくらい節約できるのかシミュレーションしてみましょう。ネットで簡単に節約額を調べられるツールもあります。借り換え比較ネットだと、現在の借入額と金利を入力すれば、どこ銀行のローンでいくらお得になるか調べることができます。ただし、金額はもっとも低い金利で借り入れできた場合のようなので、審査結果によってはお得になる金額が変わるので注意が必要です。